毛糸で編むつるし雛

レシピのオススメポイント

  • ひな祭りに飾るつるし雛を手編みしています
  • たくさんのモチーフが揺れて可愛い!
  • 女の子のお祝いに意味を込めた、おめでたいモチーフです
どんな作品?
つるして飾る「つるし雛」を毛糸で編んでいます。春をイメージした、たくさんの色とりどりの可愛いモチーフが揺れる作品にしました。それぞれモチーフに意味があり、女の子お祝いに使われるおめでたいものになっています。さくら(春代表の花で田の神様が君臨する花として植えられたいわれがある)・つばき(神の宿る木として親しまれており、魔よけに使われます)・くすり袋(病気と無縁であるように願いが込められている)と小花とポンポンを付けました。揺れるととても可愛いですよ。
どんな人におすすめ?
スキルレベル: 中級
お雛様と一緒に飾っても、別なお部屋につるしてもいいと思います。和の要素が強いですが、カラフルな作品に仕上げましたので、どこに飾っても素敵です。女の子お祝いにぜひ作ってみてください。たくさんのモチーフをいっぱい作らなければならないのですが、一つ一つが小さいのですぐでき上ります。できたものをそれぞれ仕上をしてから、糸につるしていきますので完成がとても楽しみになります。飾りの一番下をポンポンにしましたが、タッセルだと和風な感じが出るのでおすすめです。
もっと教えて!
さくらモチーフの花びらの形を出すのがとても難しく、何度も考えて作りました。糸を切らずに編めるように工夫をしています。色はお花をピンク系にして、ボールなどの飾りは青などの寒色系でまとめました。明るい色で作るとお部屋が明るくなって、インテリアとしても使えます。今回は横棒につるすタイプですが、輪飾りにつるしても素敵です。もっと長く、たくさんの飾りをつるしてもいいので、モチーフの数を増やして、オリジナルのつるし飾りを考えてみてください。編み物初心者でも手軽に編める簡単な編み方で作っていますので、チャレンジしてみてくださいね♪
レシピデザイナー情報
手仕事屋

このレシピを参考にした
みんなの写真

写真を投稿する
レシピを参考にして、制作した作品をデザイナーさんへ伝えよう♪

編み物の
オススメレシピ